降圧薬について

降圧薬ごとの副作用

更新日:

主要な降圧薬の副作用をまとめています。

カルシウム拮抗薬の副作用

あまりありませんが、妊婦や妊娠の可能性がある人は絶対に投与してはいけない「禁忌」です。

また、便秘の人には便秘を悪化させる可能性もあります。

独特な注意点として、グレープフルーツやグレープフルーツジュースとの飲み合わせは薬の作用が増強されて血圧を下げすぎてしまう危険性があります。

摂取してはいけないわけではないので、医師に相談しながら食べ方などの指導を受けるようにしましょう。

まれに頭痛、頭重感、ほてりなどがあります。

ARBの副作用

ほとんどないですが、妊婦や妊娠の可能性がある人は絶対に投与してはいけない「禁忌」です。

ACE阻害薬の副作用

から咳の症状を訴える人がおり、薬の服用をやめてしまう人もいます。

また、まれに血管浮腫による呼吸困難もあります。

妊婦や妊娠の可能性がある人は絶対に投与してはいけない「禁忌」です。

α遮断薬の副作用

立ちくらみを感じる「起立性低血圧」があります。

あとはめまい、動悸、失神が飲み始めに起こることがあります。

過敏症を持つ人は「禁忌」とされています。

 

利尿薬の副作用

痛風を持っている人や、低カリウム血症の人には「禁忌」になっています。

また、糖尿病患者や脂質異常症の人への投与も避けます。

中性脂肪、コレステロール、尿酸値が上昇するといった副作用があるため、定期的に採血といった検査をすると良いです。

β遮断薬の副作用

器官を収縮する働きがあるので、喘息の人には「禁忌」です。

 

以上のように降圧薬は薬品ですので、副作用のあるものとあまりないものが存在します。

担当の医師に相談しながら服用するようにしましょう。

降圧薬は最後の手段です、まずは生活習慣の改善やサプリメントの導入から始めてみることをおすすめします。

血圧のための厳選サプリメントランキング

生活習慣を改善するというのはなかなか時間のかかるものです。

当サイトでは血圧の改善に効果的なサプリメントを厳選し、ランキング形式で紹介しています。

まずは簡単なものから血圧を下げるための活動を生活に取り入れましょう!


-降圧薬について

Copyright© 血圧のミカタ , 2020 All Rights Reserved.