降圧薬について

降圧薬の種類

更新日:

降圧薬の簡単な概要を解説します。

カルシウム拮抗薬

カルシウム拮抗薬はカルシウムが血管の細胞内に入るのを抑え、血管の収縮を抑制して血圧を下げます。

カルシウムイオンは血管の細胞に入ると血管を収縮させ、血圧が上がってしまいます。

塩分が多くて高血圧な人は血管内にナトリウムが増えており、そのナトリウムと交換するような形でカルシウムが入り込みます。

カルシウム拮抗薬はARBでの降圧効果が足りないようなときに足される形で選ばれることが多いです。

もともと狭心症患者向けに開発された薬ですので、狭心症がある人に積極的に利用されます。

ARB

ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)は「レニン・アンジオテンシン系」に作用し、血圧を下げます。

現在は降圧薬処方の第一選択とされています。

臓器を守る作用があり、心肥大の抑制、腎機能悪化の抑制、抗動脈硬化作用といった効果が見込めます。

心臓やたんぱく尿、脳の合併症を持っている人や糖尿病の人によく処方されます。

ACE阻害薬

ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬はARBと同じく「レニン・アンジオテンシン系」に作用して血圧を下げます。

ARBの前の世代の薬です。

ARBと大きく違うのは「から咳」といった副作用がでる点です。

α遮断薬

交感神経に関係する受容体に働きかけ、血管を拡張させることで降圧効果を発揮します。

血圧の下がり具合には個人差が大きい薬とされています。

中性脂肪やコレステロールを低下させるので、脂質異常症の人に推奨されます。

利尿薬

利尿薬はナトリウムと水分の再吸収を抑制して体液量を減らすことで降圧効果を出します。

むくみや食塩の影響が大きい人に向いています。

価格が安く、歴史が長いことから使用方法が確立されています。

β遮断薬

交感神経に関係する受容体に働きかけ、心臓の拍出量を抑えて血圧を下げます。

心筋梗塞や狭心症の発症や再発を予防する効果に期待できます。

また、不整脈を整える効果もあるので、そのような症状の人に処方されます。

 

以上が主に処方される降圧薬です。

実際は製薬会社ごとに薬の名前が違いますので、担当医にどの種類の薬か聞いておくと予備知識として役立てやすくなるはずです。

血圧のための厳選サプリメントランキング

生活習慣を改善するというのはなかなか時間のかかるものです。

当サイトでは血圧の改善に効果的なサプリメントを厳選し、ランキング形式で紹介しています。

まずは簡単なものから血圧を下げるための活動を生活に取り入れましょう!


-降圧薬について

Copyright© 血圧のミカタ , 2020 All Rights Reserved.