高血圧のリスク・症状

高血圧による動脈硬化が危険な理由

更新日:

高血圧が起こす最も危険な症状として動脈硬化が挙げられます。

動脈硬化になってしまうとさらに血圧が上がりやすくなったり、その他の合併症を患うリスクが急激に高まります。

今回の記事では動脈硬化になってしまう原因や、動脈硬化によって起こる症状を解説します。

高血圧を放置すると動脈硬化を引き起こすことも

動脈硬化は動脈が厚みを増して弾力を失った状態です。

弾力を失うと血流が悪くなり、血液がつまりやすくなり、もろくなって破裂してしまいます。

脳や心臓で動脈硬化が起こると危険というのはイメージがしやすいのではないでしょうか。

動脈硬化を引き起こす主な原因

動脈硬化を引き起こす要因として遺伝や加齢、痛風などが挙げられますが、ちょっとこれらはご自身ではどうにもできません。

自分の意思でコントロールできるものとしては、以下のようなものがあります。

  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • 喫煙
  • 肥満
  • 糖尿病

喫煙や肥満で高血圧になってはいないでしょうか。その習慣は動脈硬化にもなりやすいということです。

高血圧で動脈硬化になってしまうと、さらに高血圧になってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

血圧を下げるために何に取り組んでいるかが問われる部分でもありますね。

3つの主な動脈硬化の種類

動脈は3層の構造になっています。

一番外側の外膜、一番内側の内膜、その間にある中膜の3層に分かれており、中膜が一番発達しており厚みがあります。

動脈硬化の種類を紹介します。

1.細動脈硬化

細動脈硬化は高血圧により内膜が厚みを増し、血流が悪くなる動脈硬化です。

主に脳や腎臓、目といった0.1mmくらいのとても細い動脈が硬くなってもろくなろくなってしまいます。

血管の壁が破裂して出血することもあります。

高血圧や糖尿病が長く続くと起こりやすくなるといわれています。

2.粥状動脈硬化

一般的に動脈硬化と呼ばれるのがこの粥状動脈硬化(じゅくじょうどうみゃくこうか)です。

粥状動脈硬化は別名アテローム硬化ともいわれ、血管の壁に悪玉コレステロールが入り込んで粥腫(アテローム)と呼ばれるお粥のような塊が発生した状態です。

粥腫が血管を狭くして血流を悪くします。

粥状動脈硬化は脳の太い血管や大動脈、冠動脈で起きやすく、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こします。

1番の危険因子は脂質異常症ですね。

3.中膜硬化

中膜硬化は中膜にカルシウムが沈着して硬くなることで起こる動脈硬化です。

中膜石灰化硬化やメンケベルク型動脈硬化とも呼ばれます。

カルシウムが沈着すると血管が硬くもろくなってしまい、血管の壁が破れることがあります。

中膜硬化は脚の動脈や首の動脈、大動脈で起こりやすく、主に加齢が原因であると考えられています。

動脈硬化によって起こりやすい5つの病気

高血圧はそれ自体に自覚症状はほとんどありません。

しかしそれは知らないうちにとんでもない病気になってしまう可能性があるということでもあります。

高血圧や動脈硬化から起こる病気について知っておきましょう。

1.脳梗塞

脳の血管が詰まって起こるのが脳梗塞です。

脳の中でも太い血管にアテロームができたり、細い血管で血栓ができたりもします。

血管が詰まることで血流が悪くなります。

2.くも膜下出血

くも膜下出血は脳動脈瘤が破裂して脳を覆うくも膜下に出血する症状です。

後頭部に激しい痛みが起こり、吐き気や頭痛を伴います。

くも膜下出血は最悪の場合死に至ります。

3.脳出血

脳出血は動脈硬化でもろくなった脳の細動脈が破れて出血する症状です。

発症した場合、頭痛、めまい、吐き気といった症状が起きます。

もし重篤な場合は意識障害も起き、最悪死に至ります。

4.狭心症

動脈硬化などによって冠動脈の内腔が狭くなり、心筋が酸素不足になってしまう病気です。

酸素不足が解消されれば症状は治まります。

狭心症になると数十秒から15分程度の間、胸が締め付けられるように痛くなります。

5.心筋梗塞

冠動脈に血栓が詰まり、血流が完全に遮断されます。

主に冬に暖かい部屋から寒い場所へ移動した時などに急激な血圧の変動から起こります。

命に関わるのですぐに救急車を呼ぶ必要があります。

動脈硬化になる前に

解説したように高血圧はとにかく動脈硬化になってしまうのが恐いです。

悪化させないためにも食べ過ぎに気をつけたり、タバコを吸いすぎないようにしたいところです。

血圧を下げるためにも食生活の改善やサプリメントの習慣を持つことは有効的です。

今よりもより良くなるように、日々の活動を取り入れるようにしましょう。

-高血圧のリスク・症状

Copyright© 血圧のミカタ , 2020 All Rights Reserved.