血圧とは

血液の働きを知ろう

更新日:

私たちの身体は骨や筋肉など様々な器官から成り立っています。

その中でも特に欠かせないのが心臓と血液です。

身体中の約60兆個の細胞は酸素や栄養を必要としますが、その全ては血液によって運ばれています。

血圧について知る前に、まずは血液がどんな働きをしているのか知りましょう。

血液の働き

血液は細胞に必要な「酸素や栄養を運ぶ役割」を持ちます。

さらに細胞の活動後に出る二酸化炭素や老廃物を回収します。

 

血液を全身に送り出すのが心臓の働きです。

心臓は1分間に約60〜80回の収縮を繰り返し、毎分6Lもの血液を送り出します。

もちろんドロドロな血液ではその作用は弱くなってしまいますので、サラサラな血液を作ろうと普段の生活を気をつけるような活動は非常に重要です。

水分をより多く摂ったりDHAやEPAなど青魚の成分を摂取するといった活動ですね。

血管は酸素や栄養の通り道

血液に酸素や栄養を乗せて供給するときの通り道が血管です。

大きい動脈から毛細血管まで、身体には全身を循環するように血管が通っています。

そして血液が流れる時に血管の壁にかかる圧力を血圧といいます。

 

血液の循環には肺循環体循環があります。

肺循環

血液は心臓の右心室から肺動脈を通って肺へと送られます。そして肺の毛細血管を通ることで二酸化炭素を放出し、酸素を取り入れ、肺静脈を通って左心房へ戻ってきます。

このように酸素を多く含むための循環を肺循環と呼びます。

 

体循環

左心房へ戻ってきた血液は心臓の収縮とともに左心室へ入り、さらに大動脈から全身へと送られます。

これを体循環と呼び、肺から取り組んだ酸素を全身に送るための循環です。

各細胞で使った血液は大動脈を通って右心房に戻り、再び肺循環へと送られます。

 

このように血管は全てが同じ役割ではありません。

例えば静脈瘤といった症状は、うまく心臓に血液を返せなくて引き起こる症状です。

機能を保つためにも、血圧を正常に保たなければなりません。

血液と血圧

私たち人間は全ての細胞が「酸素と栄養」を必要としています。

血液の状態が悪ければ、「栄養が足りない」「酸素を全身に運べない」といったことになってしまいます。

栄養をしっかり摂り、血液のサラサラな状態を維持する。

そして血圧を正常に保つからこそ、健康体と呼ばれる体を作ることができます。

 

血圧のための厳選サプリメントランキング

生活習慣を改善するというのはなかなか時間のかかるものです。

当サイトでは血圧の改善に効果的なサプリメントを厳選し、ランキング形式で紹介しています。

まずは簡単なものから血圧を下げるための活動を生活に取り入れましょう!


-血圧とは

Copyright© 血圧のミカタ , 2020 All Rights Reserved.