高血圧の基礎知識

まず高血圧とはどんな状態か

更新日:

日本には現在約4300万人の高血圧患者がいるとされています。

日本の人口が約1億2700万人なので、3人に1人は高血圧とも言えるほど日本人にとっては身近な症状です。

今回は高血圧の基礎知識ということでそもそも高血圧とはどんな状態なのか解説していきます。

高血圧値早見表

まずは以下が高血圧に分類される血圧値の表です。

高血圧
分類 収縮期血圧   拡張期血圧
1度高血圧 140-159 かつ/または 90-99
2度高血圧 160-179 かつ/または 100-109
3度高血圧 ≧180 かつ/または ≧110
収縮期高血圧 ≧140 かつ <90

上記のように収縮期の血圧が140を越えるような場合は高血圧を疑った方が良いです。

ただしたった1回の測定値が高いからといって、すぐに高血圧と診断されるわけではありません。

心臓は1日約10万回ほど収縮していますし、季節や時間帯によっても血圧値は変わります。

計測するときは時間を変えて2回以上測定し、平均値を参考にするべきです。

2つの高血圧のタイプ

高血圧には大きく分けて2つのタイプがあります。

  1. 二次性高血圧
  2. 本態性高血圧

詳しく解説していきます。

1.二次性高血圧

1つ目は持病などの病気が原因で起こる高血圧で「二次性高血圧」をいわれます。

二次性高血圧は病気が原因となりますので、その病気を治すことが高血圧を改善することに直接繋がります。

しかし日本人の高血圧患者のうち二次性高血圧の人は20%程度しかいません。

つまり多くの高血圧患者は残りの約80%の本態性高血圧とされています。

2.本態性高血圧

本態性高血圧は原因のはっきりしない高血圧と言われています。

原因がはっきりしないのですが、高血圧になりやすい要因として遺伝や生活習慣が大きいと指摘されています。

高血圧の原因遺伝子は20種類以上が発見されており、これらの複数の遺伝子を持っていると高血圧になりやすいということがわかっています。

また高血圧になりやすい生活習慣として、

  • 食塩の過剰摂取
  • 喫煙
  • ストレス
  • 過食
  • アルコール
  • 運動不足

といったものが挙げられます。

気がつかないうちに高血圧に・・・

高血圧が起因となって死亡する人は年間10万人いるとされています。

健康診断や血圧計が普及したにも関わらずこんなにも死亡者が多いのは、高血圧に自覚症状がほとんどないことが影響しています。

自営業者や主婦など健康診断を受ける機会が少ない人は、その傾向がより強いといわれています。

また、診断時に「血圧が高め」と言われても「特に何ともないから」という理由で改善のための活動を疎かにする人が非常に多いです。

支障がないからと何年も放っておくと以下のような症状になりかねません。

動脈硬化、狭心症、脳血栓、脳梗塞、頭痛、肩こり、息切れ、動悸、むくみ、頻尿、多尿など。。。

命に関わる深刻な病気になってしまうことも珍しくありません。

そのため高血圧はサイレントキラー(沈黙の殺し屋)とも比喩されます。

 

「改善するために今何に取り組んでいるか?」

すぐに答えられるように日々の生活習慣を変えていく必要がありますね。

血圧のための厳選サプリメントランキング

生活習慣を改善するというのはなかなか時間のかかるものです。

当サイトでは血圧の改善に効果的なサプリメントを厳選し、ランキング形式で紹介しています。

まずは簡単なものから血圧を下げるための活動を生活に取り入れましょう!


-高血圧の基礎知識

Copyright© 血圧のミカタ , 2020 All Rights Reserved.