高血圧の基礎知識

特にメタボの自覚がある人は注意!

更新日:

高血圧になってしまう人の主な原因の中でも、メタボ気味な人は特に注意が必要です。

「ちょっとくらい食べすぎても・・・?」と思うかもしれませんが、高血圧への対策を取っていないのであればそのまま放置するのは少し危険です。

今回はメタボリックシンドロームと高血圧の関係について解説します。

メタボリックシンドロームの診断基準

メタボリックシンドロームには明確な診断基準があります。

おへその高さのお腹周り(ウエスト)
男性85cm以上 女性90cm以上
A.中性脂肪150mg/dl以上 または HDLコレステロール40mg/dl未満
B.収縮期血圧130mmHg以上 または 拡張期血圧85mmHg以上
C.空腹時血糖110mg/dl以上

お腹周り+A〜Cのうち、2つ以上あてはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。

お腹周りを計ることで内臓脂肪型肥満かどうかのチェックを行います。

それに加え、

  • Aは脂質異常症
  • Bは高血圧
  • Cは高血糖

のうち、2つです。

まずはウエストを計ってみましょう。

メタボと高血圧は最悪な悪循環

メタボリックシンドロームになると、それぞれの症状が軽症であったとしても格段に動脈硬化を進行させます。

心疾患や脳血管障害のリスクが高まりますので注意が必要です。

内臓脂肪型肥満の脂肪細胞が、高血圧にとって関係が深くなります。

脂肪細胞と高血圧

脂肪細胞からはインスリンの働きを抑える物質が分泌されます。

インスリンは血糖を下げる働きがありますので、高血糖状態になってしまいます。

そうなると血液中の中性脂肪が増え、脂質異常症になります。

 

インスリンは高血糖を改善しようとしますので、さらに分泌され高インスリン血症となってしまいます。

この影響で腎臓ではナトリウムの再吸収が促進され、心拍出量が増え、結果として血圧が上がります。

また、アディポネクチンやレプチンといった動脈硬化予防やインスリンの働きを助ける物質の分泌が低下してしまい、これも動脈硬化や高血圧を悪化させてしまいます。

 

このようにメタボリックシンドロームは高血圧を悪化させ、さらに悪い状態にしてしまいます。

もし過食やお酒の飲み過ぎといった習慣が分かっているのであれば、すぐにでも改善した方が良いでしょう。

 

血圧のための厳選サプリメントランキング

生活習慣を改善するというのはなかなか時間のかかるものです。

当サイトでは血圧の改善に効果的なサプリメントを厳選し、ランキング形式で紹介しています。

まずは簡単なものから血圧を下げるための活動を生活に取り入れましょう!


-高血圧の基礎知識

Copyright© 血圧のミカタ , 2020 All Rights Reserved.