高血圧のリスク・症状

脳卒中は特に高血圧との関係が深い

更新日:

「脳の障害は危険」というのは容易にイメージできると思います。

実は脳卒中は高血圧と関係が深く、高血圧の人は発症する確率が高くなっています。

脳の血管が破れたり、詰まることで脳に血液が回らなくなってしまい、脳神経に障害を受けてしまいます。

脳卒中について理解しておきましょう。

とても危険な脳卒中

脳卒中は主に血管が詰まる「脳梗塞」と、血管が破れる「脳出血、くも膜下出血」に分類されます。

脳梗塞

脳梗塞は脳動脈が詰まったり、狭くなることで起こる病気です。

手足が麻痺したり、言語障害といったさまざまな症状が現れます。

脳梗塞にもいくつか種類があります。

  • ラクナ梗塞
  • アテローム血栓性脳梗塞
  • 心原性脳梗塞

ラクナ梗塞は細い血管の動脈硬化によって起こります。

高い血圧がかかり続けることで血管は徐々に厚みを増し、いずれ血管を塞いでしまいます。

アテローム血栓性脳梗塞は太い血管の粥状動脈硬化によって起こります。

粥状動脈硬化については「高血圧による動脈硬化が危険な理由」を参考にしてください。

心原性脳梗塞は、心臓で作られた血栓が脳で詰まることで起こる脳梗塞です。

高血圧で心臓に負担をかけると血栓ができやすくなってしまいます。

脳出血

高血圧と特に関係が深いのが脳出血です。

脳出血は脳の血管に高い血圧がかかり続けることで動脈硬化が進み、血管が破れて出血することで起こります。

頭痛、嘔吐、意識障害、片麻痺といった症状が現れます。

一命を取りとめても麻痺といった後遺症が残ることが多い病気です。

くも膜下出血

くも膜下出血は脳の表面を走る動脈が破れることで起こります。

血管の一部がコブ状に膨れ上がり、やがてそのコブが破れます。

死亡率が高く、非常に危険な病気の一つです。

脳卒中を疑うべき前兆

もし日常的に次のような症状が出るときは脳卒中を疑いましょう。

  • 経験したことのない激しい頭痛
  • フラフラする、立てない
  • 言うことが理解できない、言葉が出ない
  • ろれつが回らない
  • 顔が半分痺れる、片方の手足が痺れる
  • 片目が見えない、視野が半分欠ける

もしも複数ある場合はすぐに検査を行った方が良いです。

脳を健康に保つためにも、高血圧を予防する必要がありますね。

-高血圧のリスク・症状

Copyright© 血圧のミカタ , 2020 All Rights Reserved.